wayomix
〜和と洋のオシャレな融合〜 | Contact us | Sitemap |
おすすめ商品 アーティスト イベント カルチャー ビューティー ライフスタイル

wayomix的ライフスタイルの提案
「和」と「洋」の融合をテーマにしたインテリア、くつろぎ・癒しの空間、など


今年の2月28日。それまで和と洋の融合をメインテーマにしていた「綺座」が
イタリアン色を強め「KIZA」へと生まれ変わりました。
「小皿イタリアン」「KIZAスタイルイタリアン」という新しい食形態の提案を
盛り込み、また、メインコンセプトではなくなったものの、和のテイストも、
さりげなく散りばめられた、よりスタイリッシュなお店として変身を遂げました。
その「KIZA」の店長・小川和剛さんにお忙しい中、お時間を割いていただき、
今回のリニューアルの話を中心に、色々とお話を聞かせていただきました。

2003年11月に、新しいスタイルの
複合型飲食店ビル「フードアパートメント日比谷」
の中の1店舗としてオープンした「綺座」。

昨年、ビル内にある全3店舗の経営が統合され、
それまで「綺座」の店長をされていた石黒さんが
「フードアパートメント日比谷」の館長に就任。
それに伴い、マネージャーだった小川さんが昨年の秋より店長になられた。

その後すぐに「フードアパートメント日比谷」に入っている
「綺座」を含めた3店舗(あとの2店舗は「‘金沢近江町市場’ 辰巳」、
「燈乃季 -HINOKI-」と、いずれも和食レストラン)
のカテゴリーの差別化が検討され、その結果、
和食系2店舗との違いを明確にする為、
和と洋の融合をテーマとした「綺座」が、
イタリアン色を強めた「KIZA」へとリニューアルされることが決定。

当然、小川さんはそのリニューアルに、店長として全面的に関ることになり、
多くの試行錯誤とディスカッションを重ねる毎日を過ごすことになったそうだ。

リニューアルを進める際の一番の肝は、
イタリアン色を強めるこのリニューアルによって、
今まで通って下さった御客様が離れていかないようにするためには
どうすれば良いのか、ということだったという。
それは、これから減らさなければならない和の要素を、
どのように捉え、どう対処するべきかを考えることにも通じるのであった。

和食や和の芸術が好きで、プライベートにおいても
心の落ち着く「和」のものを無意識に選んでしまうという小川さん。
自分が日本人である以上、またこの場所が日本である以上、
何とかこの心の落ち着く「和」の要素は
リニューアル後のお店にもうまく残したい、と考えたという。

幸い、和の匂いがどことなく漂う店内の装飾は
そのまま手をつけずに残すこととなり、
また多くの試行錯誤とディスカッションを重ねた甲斐もあって
結果的には、バランス良く、和のテイストを
イタリアンに潜り込ませることができたそうだ。

そんな今回のリニューアル。
実は wayomix 的観点から言っても、とても興味深いものであった。

今迄の「綺座」は和と洋の融合にとことんこだわり、
店内の装飾はもちろん、それを料理やドリンク等のメニューにも
遠慮なく表現され、形になっていた。
しかし、今回のリニューアルにより、前面にイタリアン色を打ち出し、
メニューもとことんイタリアンに突出させた。

が。実は今も料理長は和食出身の方。

リニューアルに伴い、イタリアン専門のチーフと共に
オリジナリティ溢れるメニューを創作し、
「イタリアンのお重3段盛」という、和食出身の料理長ならではの発想を
形にし、メニューに取り入れたりした。

また、オリジナルカクテルには、店長のこだわりで
OIRAN(花魁)、KANZASHI(簪)、URAKU(有楽)等、
和風の名前を付けたものをさりげなく用意。
すると、これが女性客に大好評!
今では大人気のドリンクメニュー群になった。

陽の当たるあからさまな「和」の楽しみよりも、
隠れているところの「和」を見つける悦び。

今回の「KIZA」のリニューアルには「大人の wayomix」
とも呼ぶべき、上品な香りが漂っており、
その表現の形が、御客様に、好意を持って受け入れられている
ということをしっかりと証明したのである。

。。このリニューアルに関わったことで、
自分のお店という意識がさらに強まり、
やっと本当の店長になったという実感を持ったという小川さん。

同時に、お店としての現時点での問題点や改善点、
そして今後の目標も明確に見えたという。

小川さんがお考えになる、お店の3大要素は「接客・雰囲気・料理」。

より多くの御客様の満足を追求して、
今後も、小川店長を中心としたスタッフの方々の
絶え間ない努力と工夫がこの「KIZA」を支えていくのだろうと
強く感じたインタビューであった。

最後に。「KIZA」は5階と6階の2フロアで構成されているが、
6階は半個室が多い為、特に週末は予約でいっぱいになるそうである。

しかし、wayomix 的には5階がオススメだったりする。
何と言っても内装がゴージャスで、
大人の雰囲気を心ゆくまで楽しめるのである。
小川さん曰く、月曜や火曜の5階は比較的、空いていますとのこと。

ということで、wayomix としては、
週の始めだからこそ、会社の同僚や恋人と
ふらっと「KIZA」の5階に立ち寄り、高級感溢れる雰囲気の中、
美味しい料理と軽めのアルコールで気持ちを満たし、
これから始まる一週間に弾みをつける、
という過ごし方を、皆様にご提案したい。

ちなみに、お値段もリーズナブルなので、
この週始めの過ごし方を毎週の習慣にしたとしても
お財布は痛まないであろうことを付け加えておこう。

「-KIZA-」DINING & LOUNGE
住  所/〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-12 Food Apartment 5-6F
電話番号/03-5251-4381
休  日/日曜・祝日
営業時間/5F 17:00〜24:00 6F 17:00〜28:00
H P/http://www.foodap.com/kiza/index.html




































 
Copyright(C)2005 wayomix All rights reserved.